regular tasting レアものから年代物まで、様々なワインを・・・

レアものから年代ものまで、毎回様々なテーマを絞り込みセレクトしたシノワワイン会のご案内です。 お好きなお時間にご来店していただき、それぞれのテーブルでご自由にお楽しみください。
但しワインは 18:00 に抜栓します。

6 June 2017
26 Monday

~モーゼル・アルザス・ヴァッハウからの贈り物~

『麗しきリースリングの世界』

コース料理付
定員12名様
8 glass set 60cc(Auslese E.Mullerのみ30cc)
¥20,800 消費税・サービス料別

2015 Sarzhofberger Spatlese (Egon Muller)
シャルツホフベルガー・シュペトレーゼ(E・ミュラー)
2015 Wachstum Bodenstein Riesling Smaragd (Prager)
ヴァッハシュトゥーム・ボーデンシュタイン・リースリング・スマラクト(プラーガー)
2015 Clos St Urbain Rangen de Thann Riesling (Z.Humbrecht)
クロ・サン・テュルバン・ランゲン・ド・タン・リースリング(Z・ウンブレヒト)
2011 Schoenenbourg (M.Deiss)
シェネンブール(M・ダイス)
2008 Schelhemmer Riesling(Hugel)
シェルハマー・リースリング(ヒューゲル)
2008 Clos Ste Hune Riesling (Trimbach)
クロ・サン・テューヌ・リースリング(トリンバック)
1995 Vinothek Riesling (Nikolaihof)
ヴィノテーク・リースリング(ニコライホーフ)
2005 Sharzhofberger Auslese (Egon Muller)
シャルツホフベルガー・アウスレーゼ(E・ミュラー)

リースリングが大好きな方お待たせしました!
渋谷店6月の第2弾ワイン会はヨーロッパ3国のスター生産者、グランクリュ(以下GC)の畑にフォーカスした最近20年のヨーロッパリースリングの世界観が分かってしまう!?壮大なスケール感でお送りします!!

まずは2015年の各産地を代表する贅沢な3本からスタートです。
ドイツ・モーゼルからはドイツのリースリングを語る上で外すことが出来ないエゴン・ミュラー。ドイツに畑の格付け制度が出来たなら、間違いなくGCの筆頭に来る畑"シャルツホフベルガー"から造られるドイツ至宝の弾ける酸と体に溶け込むような優しい甘さがたまらない最高のリースリングをお楽しみ下さい。

オーストリア・ヴァッハウからはテロワール主義者のプラーガー。世界遺産にも登録される美しい町並みと旧跡のヴァッハウ、アハライテン畑の最上部なんと標高450mの最愛の場所(畑の名前は自身の苗字)から生み出される緻密でクール、エレガントなヴァッハウを代表するリースリングをお楽しみ下さい。

フランス・アルザスからは世界のワイン専門誌から90点以上を1000回以上獲得した銘醸ワイナリーツィント・フンブレヒト。アルザス最南端のタン村の真南向きで急勾配の斜面でブドウがゆっくりと成熟するクロ・サンテュルバン。そのテロワールがどの様にリースリングに影響をあたえるのか楽しみです。
フランス人初の"マスター・オブ・ワイン"(MW)を取得した現当主オリヴィエの高貴なテロワールとビオディナミへの情熱が醸す芳醇で複雑な味わいをお楽しみ下さい。

4本目は奇才ににして天才!?マルセル・ダイスの登場です。
アルザスのゲミュスターサッツ(混植混醸)の存在価値を世界に知らしめた第一人者とも言え、アルザスにテロワールの概念を持ち込んで大論争を起こし、色々な意味で自分のスタイルを確立した現代アルザスの頂点のひとり。荘厳なスタイルで造られるGCシェネンブールのリースリング主体のゲミュスターサッツは如何なるものでしょう。

5,6本目はアルザスの老舗ワイナリーのフラッグシップのGC対決!
ヒューゲルからは2007年に満を持して初リリースされたシェルハマー(GCシェネンブールの中央のクロ)。マール土壌のテロワールからミネラルたっぷりのユニークな個性を発揮したスタイルのリースリング。歴史的な建造物の多く残るリクヴィールからライン渓谷のルネッサンス時代のワインの名声を今に示した逸品をどうぞ!!
トリンバックからはクロサンチューヌ(GCロザケールの一部)。200年以上前から所有するモノポールの畑から造られる、時にアルザスのロマネ・コンティと賞賛されるリースリングの真相に迫ります。エチケットにはGCの文字が見当たらず、GCは関係ないこれが私達の作品よと言わんばかりの芸術品をどうぞ!!
長い熟成の可能性も秘めている2008年の素晴らしいヴィンテージによる複雑で立体的な味わいの比較も楽しみです。。。

7本目はビオディナミのパイオニア ニコライホーフの登場です。15年前後の樽熟成を経てリリースされ、瑞々しく驚くほどの生命力に溢れた"ヴィノテーク"。
オーストリアワイン初となるWA100点(パーカーポイント100点)のワインがどのような輝きを見せるのか?サース氏が描いた壮大な宇宙観が、どの様にワインに躍動感与えているのかも含め楽しみな1本です。

最後はやはりこの人エゴン・ミュラーの21世紀最高のヴィンテージとの呼び声高い2005年"シャルツホフベルガー"のアウスレーゼでリースリングの高貴な甘美に酔いしれてください!

ピュアでナチュラルなミネラル感、透明感のある瑞々しい味わいが一番美味しく感じる季節にヨーロッパ最高の渓流のせせらぎの様なヴァラエティに富んだリースリングをお楽しみ下さい!!!

6 June 2017
12 Monday

~グレート・ヴィンテージ2009年ボルドー・ワインの極み~

【満席御礼】『純度99.99%のボルドーワイン』

料理無し
定員13名様
6 glass set 55cc
¥99,990 消費税・サービス料別

2009 Chateau La Mission Haut Brion (WA100)
シャトー・ラ・ミッション・オーブリオン(ペサック・レオニャン)
2009 Chateau Haut Brion (WA100)
シャトー・オーブリオン(ペサック・レオニャン)
2009 Chateau Latour (WA100)
シャトー・ラトゥール(ポイヤック)
2009 Chateau Lafite Rothschild (WA99+)
シャトー・ラフィット・ロートシルト(ポイヤック)
2009 Chateau Petrus (WA100)
シャトー・ペトリュス(ポムロール)
2009 Chateau d’ Yquem (WA100)
シャトー・ディケム(ソーテルヌ)

今回のテーマはボルー・ワインです、しかもだだのワイン達ではありません!!2000年代のスーパー・ヴィンテージの一つ2009年に生産されたワインの中でも、WA(ワイン・アドヴォゲイト紙:一般的にはパーカー・ポイント)の100点満点の評価を獲得したワインばかりを取り揃えた、夢の様なワイン会です。

先ずは、ペサック・レオニャンの二大巨塔、シャトー・オーブリオンと近年さらなる高評価を獲得し続けるシャトー・ラ・ミッション・オーブリオンの直接対決!!
続いてはメドック地区の4大シャトーの筆頭シャトー・ラ・トゥールとシャトー・ラフィット・ロートシルトの対決!今回の主題の純度99・99%はラフィットがWAの評価が現時点では99+点という事で、その他全てが100点満点と足すと、純金の様な99・99%(将来的にはラフィットも100点に成り得る可能性があります)の限りなく完璧に近いラインナップでお楽しみいただきます。

そして、赤ワインの5本目はボルドー右岸地区のトップ、シャトー・ペトリュスが登場致します、パーフェクト・イヤーのペトリュスは流通価格も破格の超レアアイテム!!

最後は世界最高峰のデザート・ワイン、シャトー・ディケムをどうぞ…こちらも100点満点のパーフェクトな年、パーフェクト・ヴィンテージともなると、熟成対応年数は有に100年以上の代物です。
しかしながら、熟成感はなくとも最高のシャトー・ディケムを経験出来る又と無いチャンスです!!

今回のプライスは純度99・99%にかけて、本来市場価格的にはあり得ないスペシャル・プライスの¥99,990ーです!!
今回も早い者勝ちの満席必至のワイン会になりそうな予感が・・

5 May 2017
30 Tuesday

~ラ・ラ・ラヤス 目眩くシャトー・ラヤスの世界の続き~

【満席御礼】『RA RA RAYAS 2』

コース料理付
定員12名様
6 glass set 60cc
¥38,800 消費税・サービス料別

2008 Chateauneuf du Pape Blanc (Chateau Rayas)
シャトーヌフ・デュ・パプ・ブラン(シャトー・ラヤス)
2008 Chateauneuf du Pape (Chateau Rayas)
シャトーヌフ・デュ・パプ(シャトー・ラヤス)
2007 Chateauneuf du Pape Blanc (Chateau Rayas)
シャトーヌフ・デュ・パプ・ブラン(シャトー・ラヤス)
2007 Chateauneuf du Pape (Chateau Rayas)
シャトーヌフ・デュ・パプ(シャトー・ラヤス)
1994 Chateauneuf du Pape (Chateau Rayas)
シャトーヌフ・デュ・パプ(シャトー・ラヤス)
1981 Chateauneuf du Pape (Chateau Rayas)
シャトーヌフ・デュ・パプ(シャトー・ラヤス)

5月29日開催分満席のため追加開催決定!! 今回のワイン会は今一番入手困難と言っても過言ではない南ローヌの生産者シャトー・ラヤスがテーマです!! しかも、贅沢にもピニャンヤやフォンサレットでは無くすべてシャトー・ヌフ・デュ・パプ!更に同一ヴィンテージの赤白 飲み比べを、隣り合う2ヴィンテージで飲み比べが出来るスーパー・ラインアップ! 更に更に後半には南ローヌのアンリ・ジャイエと言われた前当主ジャック・レイノー在りし日の2ヴィンテージの熟成品で シャトー・ラヤスの真髄に迫れる超豪華なワイン会を開催いたします。今回のワイン会も満席必至のワイン会です!月 題名が...今年日本でも大ヒットした映画『ラ・○・ランド』を文字ってる!?なんて思っておられる方も多いかと思いますが 映画同様題名よりも中身で勝負!!究極のラヤスのワイン会にご期待ください!!
目眩くシャトー・ラヤスの世界へのスタートは2007年と2008年の連なる2ヴィンテージのシャトーヌフ・デュ・パプの ルージュとブランの縦と横の飲み比べから。07年と08年は共に優良なヴィンテージ、取り分け07年はフランス全体と して難しいヴィンテージの印象がありますが、南ローヌ地区はとっても優秀なヴィンテージです、この優良なヴィン
テージと優秀なヴィンテージの間にどの程度の差が有るのか、ヴィンテージ個性は有るのか、楽しみです。 生産本数が6000本程度と赤以上に入手困難と言われるシャトーヌフ・デュ・パプ・ブランも同一ヴィンテージで。 後半は今のシャトー・ラヤスの輝かしい栄光の礎を築いた、伝説的ヴィニュロン、南ローヌのアンリ・ジャイエと言われ
1997年1月に他界した前当主ジャック・レイノー在りし日の2ヴィンテージをお楽しみください。 1本目は1994年、9月9日に降り始めた雨がなければ、偉大なヴィンテージと言われた年。 とはいえ、シャトーヌフ・デュ・パプとしては優良な年であり、傑出したワインが数多く生産され た年である 。 取り分けラヤスは成功を収めたと評価されています。 比較的弱いと思われているヴィンテージこそ作り手の真価を垣間見ることができるはずです。
最後のワインは1981年から、80年代でも特に優れたヴィンテージの一つ、豊かなアルコールとしっかりと 引き締まったタンニンそして溢れるような果実の味わいが特に良いヴィンテージで有る事を感じさせてくれます。
シャトー・ラヤスのワインは熟成してこそ真価を発揮されるとよく言われます2008年と2007年の約10年の熟成と 1994年の23年、1981年の36年の熟成と3段階でお楽しみいただける滅多に無いチャンスです!
皆様のご参加心よりお待ちしております。

5 May 2017
29 Monday

~ラ・ラ・ラヤス 目眩くシャトー・ラヤスの世界~

【満席御礼】『RA RA RAYAS』

コース料理付
限定12名様
6 glass set 60cc
¥38,800 消費税・サービス料別

2006 Chateauneuf du Pape Blanc (Chateau Rayas)
シャトーヌフ・デュ・パプ・ブラン(シャトー・ラヤス)
2006 Chateauneuf du Pape (Chateau Rayas)
シャトーヌフ・デュ・パプ(シャトー・ラヤス)
2005 Chateauneuf du Pape Blanc (Chateau Rayas)
シャトーヌフ・デュ・パプ・ブラン(シャトー・ラヤス)
2005 Chateauneuf du Pape (Chateau Rayas)
シャトーヌフ・デュ・パプ(シャトー・ラヤス)
1992 Chateauneuf du Pape (Chateau Rayas)
シャトーヌフ・デュ・パプ(シャトー・ラヤス)
1981 Chateauneuf du Pape (Chateau Rayas)
シャトーヌフ・デュ・パプ(シャトー・ラヤス)

今回のワイン会は今一番入手困難と言っても過言ではない南ローヌの生産者シャトー・ラヤスがテーマです!!
しかも、贅沢にもすべてシャトー・ヌフ・デュ・パプ!更に同一ヴィンテージの赤白を、連続する2ヴィンテージで飲み比べが出来るスーパー・ラインアップ!
更に更に後半には南ローヌのアンリ・ジャイエと言われた前当主ジャック・レイノー在りし日の熟成品でシャトー・ラヤスの真髄に迫れる超豪華なワイン会を開催いたします。
今回のワイン会も満席必至のワイン会です!ご予約お申し込みはお早めに!

題名が…今年日本でも大ヒットした映画『ラ・○・ランド』を文字ってる!?なんて思っておられる方も多いかと思いますが、映画同様題名よりも中身で勝負!!究極のラヤスのワイン会にご期待ください!!

目眩くシャトー・ラヤスの世界へは、2006年と2005年の連なる2ヴィンテージのシャトーヌフ・デュ・パプのルージュとブランを、縦軸と横軸の飲み比べからスタートします。共に最優良なヴィンテージですが、とりわけ2005年はフランス全体として、また南ローヌにとっても偉大なヴィンテージとして有名です。この優良なヴィンテージと偉大なヴィンテージの間にどの程度の差が有るのか、そのキャラクターの違いをまずは体感していただきます。生産本数が6000本程度と赤以上に入手困難と言われるブランも同様にお楽しみ下さい。

後半は現在のシャトー・ラヤスの輝かしい栄光の礎を築いた、伝説的ヴィニュロン、南ローヌのアンリ・ジャイエと言われ、1997年1月に他界した前当主ジャック・レイノー在りし日の2ヴィンテージをお楽しみください。
1本目の1992年は、近郊のジゴンダスでは滝の様な雨が降り、激しい洪水に見舞われる程困難なヴィンテージと言われていますが、シャトーヌフ・デュ・パプでは有る程度のクオリティーを保ち、その中でもラヤスは成功を収めたと高く評価されています。この超困難なヴィンテージにこそ造り手の真価を垣間見ることができるはずです。
2本目は1981年から、80年代でも特に優れたこのヴィンテージは、豊かなアルコールとしっかりと引き締まったタンニン、そして溢れるような果実の味わいとシルキーな舌触りが、ラヤスにしか表現できない退廃的な官能性を十分に感じさせてくれる、ラヤス最良のヴィンテージのお手本です。

シャトー・ラヤスのワインは熟成してこそ真価を発揮されるとよく言われます、2005年と2006年の約10年の熟成と1992年の25年、1981年の36年の熟成と3段階でお楽しみいただける滅多に無いチャンスです!
皆様のご参加心よりお待ちしております。

※1992年と1981年が並んでいるのには秘密が・・・それはご来店いただいてからのお楽しみです!

5 May 2017
14 Sunday

~未知なる調和へ誘う世紀の結晶ウルトラ プレミアム キュヴェ「MCIII」を味わう~

『MCⅢセミナー・ブランチ』

コース料理付
限定36名様
5 glass set 60cc
¥15,800 消費税・サービス料込み

NV Brut Imperial (Moet et Chandon)
ブリュット・アンペリアル
2008 Grand Vintage (Moet et Chandon)
グラン・ヴィンテージ
2006 Dom Perignon (Moet et Chandon)
ドン・ペリニヨン
NV MCⅢ (Moet et Chandon)
エム・シー・スリー
NV Nectar Imperial (Moet et Chandon)
ネクター・インペリアル・ロゼ

皆様ご存知のシャンパーニュ地方を代表するシャンパーニュ・メゾン、モエ・エ・シャンドン社が生み出したウルトラ・プレミアム・キュベ『MCⅢ』、熟成・アッサンブラージュ(ブレンド)・発酵の3つの技術を用いて独自のスタイルで完成させた究極の作品。希望小売価格が税別5万8,000円と価格もウルトラ・プレミアムなこのアイテムをモエ・エ・シャンドンの特別講師を務められる冨永純子さんを講師に招いてのスペシャル・セミナーと共にお楽しみいただきます。

【開催概要】 
時間 12:30(12:00開場) ※15:00終了予定
場所 シノワ渋谷店
定員  限定36名様  <1様から3名様でのご予約の場合ご相席となります>
料金 15,800円 <消費税・サービス料込み・コース料理付き>
※お支払いは事前のお振込をお願いいたします、お振込確認後正式なご予約とさせていただきます。
………………………………………………………………………………

<セミナー内容>
モエ・エ・シャンドンのブランド・アンバサダー冨永純子さんの解説と共に4つのキュベをお楽しみいただきます。
今回は正規インポーターMHDさんご協力のもと、各シャンパーニュの専用グラスをご用意いたします、特に興味深いのはメインとなるMC㈽専用グラス、オーストリアを代表する高級グラスメーカー『Zalto(ザルト)』製の大振りで超薄口のMCⅢグラス、究極のシャンパーニュのポテンシャルを最大限引き出してくれる専用グラスでMCⅢを味わえる大変貴重な機会です。
セミナー後にはコース料理をお楽しみください、最後のデザート時にはネクター・インペリアル・ロゼ(別名ニール)と共に贅沢なひと時お楽しみ下さい。

<講師プロフィール>
★冨永純子(モエ・エ・シャンドン特別講師)★
・ワイン&チーズコーディネーター
・NPO法人 チーズプロフェッショナル協会 理事
・日本ソムリエ協会認定 シニアソムリエ
・Jプレゼンスアカデミー ワイン教室認定講師

ワインとチーズの美味しさに魅せられ学びはじめる。
世界55か国で展開されるWSETワイン教室の講師を長年務めるほか、ワイン雑誌「ワイン王国」の執筆も担当。
「モエ・エ・シャンドンの美味しさを日本中に!」をモットーにセミナーを展開中。

<MCⅢとは・・>
ヴィンテージシャンパンで構成されたマルチヴィンテージシャンパンで、複雑なレイヤーによって生み出された透明感のあるイエローゴールドの色味が特長。ステンレススチール製のタンクとオークカスクで熟成されたヴィンテージワインと、瓶の中で澱と共に熟成されたヴィンテージシャンパンをブレンドし、調和性、相補性、バランスを兼ね備えた味わいに仕上げている。
名前にある「III」は、メタル・ウッド・ガラスという3つの異なる環境で創られたワインをひとつに融合させた三位一体のシャンパンであるという意味を込めた。
ボトルデザインにもメタル・ウッド・ガラスの3つの要素を取り入れ、1番目のキュヴェである「001」とデゴルジュマン(澱抜き)の年を示す「14」を組み合わせた「001.14」が刻印される。
醸造最高責任者のブノワ・ゴエズは「先駆的で大胆、革新的に融合されており、美しい多面性を持っているのに調和がとれている。モエ・エ・シャンドンにとって、新たな種類の、唯一無二のシャンパンです。
今までにないラグジュアリーな商品を世界にお届けできることをうれしく思います」とコメント。

※本ワイン会のご予約受付は4月18日(火)14:00よりお受けいたします。

< newer   |   top   |   older >

regular tasting
  • お1人様より承っております。
  • キャンセルは、開催日の3日前までにお願いいたします。
  • 当日、ワインのコンディションよっては同等クラスのものと交換させていただく場合もございます。予めご了承ください。
  • ワインは 18:00 に抜栓します。
  • 表示金額はすべて外税表記になっております。
    別途10%のサービス料と消費税を頂戴いたします。
archive sunday special