regular tasting レアものから年代物まで、様々なワインを・・・

レアものから年代ものまで、毎回様々なテーマを絞り込みセレクトしたシノワワイン会のご案内です。 お好きなお時間にご来店していただき、それぞれのテーブルでご自由にお楽しみください。
但しワインは 17:30 に抜栓します。

11 November 2019
23 Saturday

~官能と陶酔 シラー種の到達点~

エルミタージュとコート・ロティ 頂上対決!

コース料理無し
定員13名様
7 glass set 55cc
¥48,800 消費税・サービス料別

1999 Hermitage La Chapelle(P.Jaboulet)
1999 エルミタージュ・ラ・シャペル(ポール・ジャブレ)
1999 Hermitage (du Colombier)
1999エルミタージュ(デュ・コロンビエ)
1999 Ermitage Le Pavillon(M.Chapoutier)
1999 エルミタージュ・ル・パヴィヨン(ミッシェル・シャプティエ)
1999 Hermitage(J.L.Chave)
1999 エルミタージュ(ジャン・ルイ・シャーブ)
1999 Cote Rotie La Mouline(E.Guigal)
1999 コート・ロティ・ラ・ムーリンヌ(エティエンヌ・ギガル)
1999 Cote Rotie Landonne(E.Guigal)
1999 コート・ロティ・ラ・ランドンヌ(エティエンヌ・ギガル)
1999 Cote Rotie La Turqus(E.Guigal)
1999 コート・ロティ・ラ・トゥルク(エティエンヌ・ギガル)

まずはエルミタージュの3大生産者、“ポール・ジャブレ”からスタートです。低迷時期とはいえ、そのポテンシャルは流石の一言。
“デュ・コロンビエ”は1999年に世代交代が行われ、いきなり凄まじい成功作となりました。
“シャプティエ”の「ル・パヴィヨン」はエルミタージュ最良の区画で、平均樹齢65年の超古木からヴィオディナミで造られた優れもの。
そしてこのエリア最高の生産者“ジャン・ルイ・シャーブ”が造るワインからは、エルミタージュが表現できる全てのニュアンスを体感できます。
この4人の生産者が造るクラクラするほど官能的で肉感的なエルミタージュの世界と魅力を存分にお楽しみ頂きます。
続いてご用意するのは、コート・ロティに君臨する“ギガル”が造る3兄弟。それもなんと全てPP100点ワインです。
石灰質とスレート土壌から繊細でエレガントなワインを生むブロンドの「ラ・ムーリンヌ」。
粘土に酸化鉄が混じりスケールが大きく複雑性に富むワインを生むブリュンヌの「ラ・ランドンヌ」。
両者の比較は「リシュブール」と「ラ・ターシュ」を比較するようなものと言えます。そしてその良いとこ取りと言った印象の「ラ・テュルク」。
誰もがしてみたい3兄弟の競演を、最良ヴィンテージ1999年で実現いたしました。

オススメポイントをまとめると、
1)エルミタージュ3大生産者とライジングスターの競演。
2)全てPP100点のコートロティの頂点、ギガルの3兄弟の競演。
3)近年最高の1999年産で比較していただきます。

ぜひこの機会にシラー種が到達する究極の姿を発見してください。必ず皆様を陶酔の世界にお導き致します。ご参加をお待ちしております。

11 November 2019
3 Sunday

ルネ・アンジェルからシャトー・ラトゥールが手掛けるドメーヌ

幻のワインから、新たな歴史のワインへ

コース料理無し
定員12名様
6 glass set 60cc
¥38,000 消費税・サービス料別

2013 Vosne Romanee Aux Brulees ( d`Eugenie)
2013 ヴォーヌ・ロマネ・オー・ブリュレ(デュジェニー)
2013 Grand Echezeaux ( d`Eugenie)
2013 グラン・エシェゾー(デュジェニー)
2013 Clos de Vougeot ( d`Eugenie)
2013 クロ・ド・ヴージョ(デュジェニー)
1995 Vosne Romanee Aux Brulees (Rene Engel)
1995 ヴォーヌ・ロマネ・オー・ブリュレ(ルネ・アンジェル)
1995 Echezeaux ( Rene Engel)
1995 エシェゾー(ルネ・アンジェル)
1995 Clos de Vougeot ( Rene Engel)
1995 クロ・ド・ヴージョ(ルネ・アンジェル)

2005年、ルネ・アンジェルの当主フィリップ・アンジェル氏は旅行中のタヒチで突然の心臓麻痺のため他界しました。
後継者がおらず、ドメーヌはそのまま消滅してしまいました。
所有していた畑は、2006年にシャトー・ラトゥールのオーナーであるフランソワ・ピノー氏に売却されました。
かつてルネ・アンジェルであった畑は、現在は「ドメーヌ・デュジェニー」となっております。
シャトー・ラトゥールと同じ、フレデリック・アンジェラ氏を総支配人として配置するほどの力の入れようです。
オー・ブリュレはリシュブールに隣接し、またクロ・パラントゥーにも近い位置にあるヴォーヌ・ロマネの中でも偉大な畑と特級畑グラン・エシェゾー、エシェゾー、クロ・ド・ヴージョ。

残念ながらルネ・アンジェルのワインはもう生産する事は出来ませんが、同じ畑で造られるデュジェニーと、ルネ・アンジェルのワインを飲み比べみませんか。
是非この機会に、皆様のご参加、心よりお待ちしております。

10 October 2019
22 Tuesday

 ~ドン・ペリニヨンで祝う~

「即位の儀」祝賀スペシャル

コース料理無し
定員12名様
5 glass set 60cc(マグナムは120cc)
¥29,800 消費税・サービス料別

2006 Dom Perignon
2006 ドン・ペリニヨン
2006 Dom Perignon Rose Limited Edition By Lenny Kravitz
2006 ドン・ペリニヨン・ロゼ *リミテッド・エディション・バイ・レニー・クラヴィッツ
1993 Moet&Chandon Brut Imperial
1993 モエ・エ・シャンドン・ブリュット・インペリアル
1993 Dom Perignon Magnum
1993 ドン・ペリニヨン・マグナム
1973 Dom Perignon
1973 ドン・ペリニヨン

おめでたい紅白のドン・ペリニヨンでスタートです。
特にロゼは11月に限定発売のレアアイテムを、この日のために航空便でお取り寄せしての初お披露目です。
続いて御成婚の記念ヴィンテージの1993年を2種類ご用意いたしました。
スタンダード・キュヴェのミレジムとマグナムのドン・ペリニヨンです。
26年間の熟成を重ねて、素晴らしく美しいシャンパーニュへと変化し、まさに今が飲み頃の美味しさ、特にマグナムはたっぷり120ccご堪能ください。
最後は70年代最高の当たり年の1973年もの。完璧に熟成し未だ若々しさをも保つ、豊穣で芳しくノーブルな味わいです。
まさにシャンパーニュの最終形。何故にドン・ペリニヨンがシャンパーニュの最高位に君臨し続けるかは、ひと口含めば瞭然です。

ぜひこの機会にシャンパーニュが到達する究極の姿を発見してください。
同時にワインラヴァーならではのシャンパーニュでお祝いという素敵な一日をお過ごしください。皆様のご参加をお待ちしております。

10 October 2019
13 Sunday

〜カワイイと綺麗の見分け方〜

ヴォルネイ村とシャンボール・ミュジニー村 美の饗宴 

コース料理無し
定員12名様
6 glass set 60cc
¥35,800 消費税・サービス料別

1999 Volnay Mitans( H.de Montille)
1999 ヴォルネイ・ミタン(ユベール・ド・モンティーユ)
1999 Volnay Fremiets(M.d`Angerville)
1999 ヴォルネイ・フルミエ(マルキ・ダンジェルヴィーユ)
1999 Volnay Caillerets Clos des 60 La Pousse D`or (La Pousse D`or)
1999 ヴォルネイ・カイユレ・クロ・デ・ソワサント・ウーヴレ(ラ・プスドール)
1999 Chambolle Musigny(G.Roumier)
1999 シャンボール・ミュジニー(ジョルジュ・ルーミエ)
1999 Chambolle Musigny Les Amoureuses(R.Groffier)
1999 シャンボール・ミュジニー・レ・ザムルーズ(ロベール・グロフィエ)
1999 Musigny ( J.Prieur)
1999 ミュジニー(ジャック・プリュール)

ヴォルネイ村はコート・ド・ボーヌの村名アペラシオンの1つで最も女性的と言われる赤ワインを生み出す銘上産地。
栽培面積の半分をプルミエ・クリュが占めており(プルミエ・クリュの数は30)上質なワインが生み出されています。
そんなヴォルネイを代表する生産者、ユベール・ド・モンティーユ、マルキ・ダンジェルヴィーユ、ラ・プスドールから、それぞれのドメーヌの評価の高いプルミエ・クリュです。

シャンボール・ミュジニー村のワインは気品と繊細さが凝縮された優美なワインで、ブルゴーニュの貴婦人などと形容される。
豪勢なグラン・クリュから、高いクオリティを誇るプルミエ・クリュ、抜群のコストパフォーマンスの村名ワインまでの豊富なラインナップが揃っております。
村名といえども,きわめてレベルが高いジョルジュ・ルーミエ。
プルミエ・クリュの「恋する乙女たち」の名を持った特級と並ぶ銘醸畑のロベール・グロフィエ。
そして特級畑,女性初のベスト・ワイン・メーカー・オブ・ザ・イヤーに輝いた実力者。 全てのグラン・クリュの最高位と讃えられるミュジニー。

是非この機会に、皆様のご参加、心よりお待ちしております。

9 September 2019
22 Sunday

〜ナポレオンが愛飲したシャンベルタン〜

【ブルゴーニュの王様】

コース料理無し
定員13名様
8 glass set 55cc
¥48,800 消費税・サービス料別

2013 Charmes Chambertin (C.Dugat)
2013 シャルム・シャンベルタン(クロード・デュガ)
2013 Charmes Chambertin (Dugat-Py)
2013 シャルム・シャンベルタン(デュガ・ピィ)
2011 Gevrey Chambertin Clos St Jacques(A.Roussea)
2011 ジュブレ・シャンベルタン・クロ・サン・ジャック(アルマン・ルソー)
2011 Chambertin Clos de Beze (A.Roussea)
2011 シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ(アルマン・ルソー)
2011 Chambertin (A.Roussea)
2011 シャンベルタン(アルマン・ルソー)
1990 Mazie Chambertin (J.Roty)
1990 マジ・シャンベルタン(ジョセフ・ロティ)
1990 Griotte Chambertin (J.Roty)
1990 グリオット・シャンベルタン(ジョセフ・ロティ)
1990 Charmes Chambertin Tres Vieilles Vignes (J.Roty)
1990 シャルム・シャンベルタン・トレ・ヴィエーユ・ヴィーニュ(ジョセフ・ロティ)

まずは「シャルム・シャンベルタン」を代表する2大生産者。従兄弟同士でありながら、完全除梗のクロードと全房発酵のベルナール。
タイプは違えど両者ともカルト的人気を誇ります。

次は本日の白眉であり、ブルゴーニュで最も偉大な生産者、アルマン・ルソーの3大ワインの登場です。
「クロ・サン・ジャック」は1級格付けながら、その実力は特級を凌ぎ、ルソーのラインナップの中でも特別な存在となっています。
続くワインは好対照でありながら好敵手の「クロ・ド・ベーズ」と「シャンベルタン」です。
630年にベーズ修道院に寄進され、開墾されたこの畑からできるワインは、その素性ゆえかブルゴーニュで最も崇高で精神的。
その液体の純粋さは内面の美しさを際立たせ、球体のバランスをもつ完成形。
対する「シャンベルタン」はブルゴーニュで最もスケールが大きくパワフルで圧倒的。その液体はあくまで外向的で説得力があり支配的。
まさに王様の風情。この両者を比較するのにアルマン・ルソー以上の造り手は見当たりません。


そして最後に続く3つのワインは、ブルゴーニュで25代続く超名門ドメーヌ、ジョセフ・ロティです。
1990年のブルゴーニュはマイケル・ブロードベントも★★★★★の最優良年で、29年熟成したまさに現在飲み頃に入った素晴らしいもの。
ラインナップは、力強い骨格が特徴の「マジ・シャンベルタン」、わずか9人の生産者で所有し華やかな赤系果実の香りが印象的な「グリオット・シャンベルタン」
そして1885年に植樹された超ヴィエーユ・ヴィーニュの看板畑「シャルム・シャンベルタン・トレ・ヴィーニュ・ヴィーニュ」。

シャンベルタンとは何者かを知る最良のワイン会です。ぜひこの機会にシャンベルタンの魅力を再発見して下さい。

9 September 2019
15 Sunday

~北から南へ、特級畑巡り~

偉大なるヴィンテージ!魅惑の2009年 

コース料理付
定員12名様
6 glass set 60cc
¥42,800 消費税・サービス料別

2009 Ruchottes Chambertin Clos des Ruchotts(A.Rousseau)
2009 ルシュット・シャンベルタン・クロ・デ・ルシュット(アルマン・ルソー)
2009 Clos de la Roche(Dujac)
2009 クロ・ド・ラ・ロシュ(デュジャック)
2009 Bonnes Mares(R.Groffier)
2009 ボンヌ・マール(ロベール・グロフィエ)
2009 La Grande Rue(F.Lamarche)
2009 ラ・グランド・リュ(フランソワ・ラマルシュ)
2009 Echezeaux(D.R.C)
2009 エシェゾー(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ)
2009 Richebourg(T.Liger Belair)
2009 リシュブール(ティボー・リジェ・ベレール)

★ジュヴレ・シャンベルタンのトップ・ドメーヌ アルマン・ルソーの
特級畑 ルショット・シャンベルタンの上部北半分を所有する、アルマン・ルソーのモノポール。

★モレ・サン・ドニを牽引するドメーヌ・デュジャック。
デュジャックの顔とも言うべきモレ・サン・ドニ屈指の特級畑、クロ・ド・ラ・ロシュ。

★シャンボール・ミュジニーの名手ロベール・グロフィエが誇る、生産量僅かな特級畑、力強さとフレッシュ感を兼備した別格の出来栄え、ボンヌ・マール。

★ラ・ターシュとロマネ・コンティに挟まれながら、AOC法制定時には1級畑だったラ・グランド・リュ、
1992年から特級畑へ昇格のフランソワ・ラマルシュのモノポール特級畑ラ・グランド・リュ。

★ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティが生産するエシェゾーは、
数ある生産者の中でも圧倒的に高い評価を獲得し、人気、実力共に唯一無二の存在です。

★2002年ファースト・ヴィンテージにして、高評価のライジングスター
ティボー・リジェ・ベレールの至宝の特級畑、リシュブールをご用意しました。

偉大なるヴィンテージ2009年の優良生産者の特級畑をご堪能下さいませ。
皆様のご参加、心よりお待ちしております。

8 August 2019
11 Sunday

〜夏です!ブラン・ド・ブランです!〜

ジャック・セロスVSサロン 

コース料理無し
定員12名様
6 glass set 60cc
¥43,800 消費税・サービス料別

N.V.Jacques Selosse Brut Initial Blanc de Blancs(Avize)
N.V.ジャック・セロス・ブリュット・イニシャル・ブラン・ド・ブラン(アヴィーズ)
N.V.Jacques Selosse Substance Blanc de Blancs Brut(Avize)
N.V.ジャック・セロス・シュブスタンス・ブラン・ド・ブラン・ブリュット(アヴィーズ)
1998 Jacques Selosse Millesimes Blanc de Blancs Brut(Avize)
1998 ジャック・セロス・ミレジム・ブラン・ド・ブラン・ブリュット(アヴィーズ))
1999 Delamotte Blanc de Blancs Brut Collection(Le Menil sur Oger)
1999 ドラモット・ブラン・ド・ブラン・ブリュット・コレクション(ル・メニル・シュール・オジェ)
2002 Salon Brut Blanc de Blancs(Le Menil sur Oger)
2002 サロン・ブリュット・ブラン・ド・ブラン(ル・メニル・シュール・オジェ)
1995 Salon Brut Blanc de Blancs(Le Menil sur Oger)
1995 サロン・ブリュット・ブラン・ド・ブラン(ル・メニル・シュール・オジェ)

サロンは、ブドウの出来の良い年にだけ、単一品種、単一クリュ、単一収穫年のシャンパーニュのみを生産し、この100年間にリリースされたのはわずか30数ヴィンテージのみです。ではサロンが造られない年、そのブドウはどうなるのかといえば、ドゥラモットのために使われるのです。
サロンと同じ村で造られる姉妹メゾンが「ドゥラモット」。250年の歴史とシャルドネへの強いこだわりを持ったメゾンです。
ドゥラモット ブラン・ド・ブラン コレクションは自社のワインセラーで貯蔵され、長い期間を澱とともに貯蔵されることで、豊満さが増し、新鮮さと輝きを保ちつづける極上品です。1970年から僅か6ヴィンテージしか生産されておりません。

世界的なレコルタン・マニュピュラン ブームは、ジャック・セロスから始まったともいわれるメゾンです。
イニシャルは平均樹齢38年のアヴィーズ、クラマン、オジェのグラン・クリュ畑のシャルドネから造られたブラン・ド・ブランです。セロスのスタンダードキュヴェであり、究極のシャンパーニュです!
シュブスタンスは、本質と名付けられたジャックセロスの最高傑作のシャンパーニュです。最高の原料ワインを産みだすアヴィーズ産のシャルドネをジャック・セロス独自のソレラで熟成しボトリング。このソレラには1984年収穫からのワインが入っており、ヴィンテージの特徴を消しテロワールを表現するために用いたのがこのシュブスタンスです。
ジャック・セロス・ミレジメ・ブラン・ド・ブラン・ブリュットは、セロスの単年アイテムです。
夏 真っ盛り! 素晴らしく整った アロマ、酸、ミネラル、黄金にきらめくブラン・ド・ブランの泡を
ご堪能下さいませ。
皆様のご参加、心よりお待ちしております。

7 July 2019
14 Sunday

~王家を守護する騎士と私生児~

孤高の輝き! ル・モンラッシェとその一族

コース料理無し
定員12名様
6 glass set 60cc
¥39,800 消費税・サービス料別

2012Bienvenue Batard Montrachet (Leflaive)
2012 ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ(ルフレーブ)
2012 Batard Montrachet Leflaive (Leflaive)
2012 バタール・モンラッシェ(ルフレーブ)
2012 Chevalier Montrachet (Leflaive)
2012 シュヴァリエ・モンラッシェ(ルフレーブ)
2006 Chevalier Montrachet (E.Sauzet)
2006 シュヴァリエ・モンラッシェ(エティエンヌ・ソゼ)
2004 Chevalier Montrachet (Ch.de.Puligny Montrachet)
2004 シュヴァリエ・モンラッシェ(シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェ)
1999Le Montrachet (M.Colin)
1999 ル・モンラッシェ(マルク・コラン)

今回のワイン会は、ブルゴーニュ・シャルドネの最高峰、「ル・モンラッシェ」とその畑を護衛するように取り囲む特級畑の競演です。
最初の3本は、このエリアどころかブルゴーニュを代表し、至高のワインを造り続けるドメーヌ・ルフレーブの「シュヴァリエ」「バタール」「ビアンヴニュ・バタール」を2012年の同一ヴィンテージで比較していただきます。
1997年に全ての畑をいち早くビオディナミに移行し、今は亡きアンヌ・クロードが完璧に畑の管理し、テロワールを余すところなく表現した作品です。
この3種のワインに共通する純粋さと余韻の美しさこそ、ビオディナミの真価です。
「シュヴァリエ」の緊張感、「バタール」のリッチさ、「ビアンヴニュ」のしなやかさなど、標高と土壌の違いがもたらすテロワール由来の微細な香りと味わいの差異を感じるまたとない機会です。
次の2本は「シュヴァリエ・モンラッシェ」から。エティエンヌ・ソゼはネゴシアンに分類されますが、ソゼが管理する専売契約の畑と自社畑から造られるため、ドメーヌものと遜色がない素晴らしさ。シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェは2002年からエチエンヌ・ド・モンティーユがマネージャーに就任し、ビオディナミを採用したことにより、その評価は一気にトップレヴェルに。両者に共通するクリスタルなミネラルの透明感と鋭利で美しい酸味が、この畑らしい味わいを象徴しています。最後の1本「ル・モンラッシェ」はマルコ・コランの1999年物。畑はシャサーニュ側の最上部に位置し、年産2樽の希少なものです。
ちなみにシャサーニュ側のモンラッシェには定冠詞の「ル」が付きます。なぜ「ル・モンラッシェ」が至高なのか、一口飲めばわかるその素晴らしさ。
そして飲まなければわからない不思議さをどうぞ体感してください。

5 May 2019
5 Sunday

宿命のライバル対決

トロタノワvsコンセイヤントvsレヴァンジル

コース料理無し
定員12名様
6 glass set 60cc
¥68,800 消費税・サービス料別

1982 Chateau Trotanoy
1982 シャトー・トロタノワ(ポムロール)
1982 Chateau l`Evangil
1982 シャトー・レヴァンジル(ポムロール)
1982 Chateau La Conseillante
1982 シャトー・コンセイヤント(ポムロール)
1970 Chateau Trotanoy
1970 シャトー・トロタノワ(ポムロール)
1962 Chateau l`Evangil
1962 シャトー・レヴァンジル(ポムロール)
1961 Chateau La Conseillante
1961 シャトー・コンセイヤント(ポムロール)

気候に恵まれた年には、世界中のあらゆるワインの中で最もスケール豊かで長命なワインができる村。
その豊満で凝縮したボディはグラマラスで退廃的、シルキーな舌触りはセクシーで官能的とさえ言えます。当日は近年最も成功した1982年ヴィンテージで幕が開きます。
その後に続くのは、爆発的な果実味とスケール感でペトリュスを超えるとの評価も高い1970年のトロタノワ、古典的なグレートヴィンテージで美しく成熟した1962年のレヴァンジル、20世紀で3指に入る傑出年で、その退廃的なボディと舌にまとわりつく官能性で群を抜く1961年のラ・コンセイヤントです。
GWスペシャルワイン会の最終日、ルビー色に美しく輝く液体に、思う存分、身も心も浸してみませんか。

5 May 2019
4 Saturday

コシュ・デリvsラフォンvsラモネvsルフレーブ

白の名手は赤も凄い!

コース料理無し
定員12名様
6 glass set 60cc
¥28,800 消費税・サービス料別

2006 Volnay Premier Cru (C.Dury)
2006 ヴォルネイ・プルミエ・クリュ(コシュ・デュリ)
2003 Pommard Les Vaumuriens (C.Dury)
2003 ポマール・レ・ヴォーミュリアン(コシュ・デュリ)
1996 Volnay Santenots du Milieu (C.Lafon)
1996 ヴォルネイ・サントノ・デュ・ミリュー(コント・ラフォン)
1990 Chassagne Montrachet Clos Saint Jean (Ramonet)
1990 シャサーニュ・モンラッシェ・クロ・サン・ジャック(ラモネ)
1986 Volnay Champans (C.Lafon)
1986 ヴォルネイ・シャンパン(コント・ラフォン)
1979 Blagny (Leflaive)
1979 ブラニー(ルフレーブ)

生産者はご存知、シャルドネを造ったら世界最高の4つのドメーヌ。スタートは現在異常なほど価格高騰し超入手困難なコシュ・デュリです。
特にポマールは市場に出回ることはほとんどない貴重なもの。その美しさは群を抜いています。コント・ラフォンからはヴォルネイを2種類。素晴らしく旨味豊かで複雑さと透明感を兼ね備えた最上のワインです。
ラモネはグレートヴィンテージの1990年。ルフレーブは隠れた赤の代表作で熟成のピークを迎えている1979年のブラニィというラインナップ。
はたしてこの偉大なシャルドネのスペシャリスト達が、ピノ・ノワールでも素晴らしいテロワールを表現できるのか、腕の見せ所です。乞うご期待を!

top   |   older >

regular tasting
  • お1人様より承っております。
  • キャンセルは、開催日の3日前までにお願いいたします。
  • 当日、ワインのコンディションよっては同等クラスのものと交換させていただく場合もございます。予めご了承ください。
  • ワインは 17:30 に抜栓します。
  • 表示金額はすべて外税表記になっております。
    別途10%のサービス料と消費税を頂戴いたします。
archive sunday special