Sunday Special 日曜日は、ちょっと贅沢なワインを・・・

土曜の銀座のお楽しみ。 ふらっと来て頂ければ、ちょっと贅沢なワインをすこしづつ…。そんな時間をシノワ銀座で過ごしてみませんか?
普段なかなか飲み比べる機会の少ないワインをお楽しみください。

10 October 2018

27 Saturday

古典派が生み出すスタンダード


ド・モンティーユ家は、コート・ド・ボーヌで最も優雅なワインを生み出すといわれるヴォルネイ村に 、17世紀後半のフランス革命前から居を構える旧家です。

早いうちから飲めるワインが主流となりつつある昨今、長期熟成に耐える正統派の造りを貫徹しています。

レ・ミタンは、ポマール村寄りの斜面中腹にある代表的な1級畑。

エレガントなヴォルネイ村の中では、 豊富な果実味のある男性的なニュアンスに富んでいます 。


偉大なヴィンテージ2009年の彼らの芸術の結晶を味わってください。

  • '09 Volnay 1er Cru Mitans / H.de.Montaile ヴォルネイ 1級畑 ミタン / モンティーユ
glass set 70cc
¥2,900  税込 ¥3,132

20 Saturday

優しき心が生む熱き情熱

「ジュヴレ・シャンベルタン村のビオディナミ生産者」といえば、このドメーヌ・ジャン・ルイ・トラペを思い出す人も多いのではないでしょうか。

 1868年から6世代にわたってジュヴレ シャンベルタンでワイン造りを続けているこのドメ ーヌは、代々少しずつ畑を増やしていき、 現在では13haの畑を所有するまでに。

現当主のジャンルイ氏は物腰柔らかく穏やかな人物で、
畑に撒く農薬の影響で父の友人が健康を害したことに端を発し、1989年から除草剤の使用を全廃しました。 クォーツ(水晶)の粉末を定期的に畑に撒くことで土壌の活性化を促し、植物のエネルギーを引き出して病気に負けない木を育てることを目指しています 。

マジシャンベルタンの隣にあるこの畑は骨格がしっかりして身が引き締まったワインを生み出します。

ワインには造り手の人柄がでます。溢れんばかりの彼の愛情を感じ取ってください。

  • 1991 Gevrey Chambertin 1er Cru Clos Prieul / Jean Louis Trapet ジュブレ シャンベルタン 1級畑 クロ ・プリウール / ジャン ルイ トラぺ
glass set 70cc
¥3,800  税込 ¥4,104

13 Saturday

最新技術を凌駕する鬼才の遺伝子

 ローヌの神様ジャック・レイニョー。

  偉大すぎる彼の人生は1997年突然幕を閉じました。
その後甥のエマニュエルが代を引き継ぎましたがジャックがあまりにも有名 過ぎて当時は『品質が落ちるんじゃないか?』などと心配されていました。 おまけに醸造機器や樽は先代よりも前からの古いものだけしかありません。

  しかし1980年に植えた若木の成長とともにまたラヤスは再び名声を取り戻しました。
エマニュエルは叔父が何をしていたか知っていて、彼はそのまま一切変更させずにドメーヌの運営を行っていました。

  その“秘密”の一部は、非常に低い収率と非常に遅い収穫でした。 その特徴的な凄い官能的な香りにまず圧倒されます。 彼の造るワインを飲めば世界最高のワインを造る為に必ずしも最新設備を導入する必要があるわけではないと理解するでしょう。 グルナッシュ50%、サンソー35%、シラー15%。

  • 2006 Cotes du Rhone Rouge /Chateau de Fonsalette コート・デュ・ローヌ / シャトー・ド・フォンサレット 
glass set 70cc
¥2,800  税込 ¥3,024

6 Saturday

二人の出会いが生んだもう一つの奇跡


  1963年にドゥニーズ・メルムがサン・ロマンのヴィニュロン、ジャン・トプノと結婚し、 モレ・サン・ドニの
アルマン・メルムを受け継けついだことにより始まりました。

  現在ドメーヌを運営しているのが 彼らの娘・息子にあたる7代目のヴィルジニーと兄のロマンです 。2001年からは100%ビオロジックに転向。
 手摘みによる収穫と厳しい選別、すべてのキュヴェは100%除梗するなど日々品質の向上にはげんでいます。
 マゾイワイエールシャンベルタンは 1973年にドメーヌ・ぺロ・ミノと分割相続した0.85ヘクタールの畑。
モレ・サン・ドニ側に近く、1級オー・コンボットの真下にトプノ・メルムの区画があります。
 セレクション・マッサルによる平均樹齢50年以上の古樹を使用しています。

2004年という儚くとも美しい年の作品をお楽しみください。

  • 2004 Mazoyères-Chambertin / Taupenot-Merme  マゾワイエール シャンベルタン / トプノ メルム
glass set 70cc
¥3,200  税込 ¥3,456
9 September 2018

29 Saturday

伝統と融合と革新と

コートロティに君臨する北部の君主ギガルの創業はわずか70年前の1946年。
わずか半世紀たらずで急激に成長を遂げました。

 「ラ・ムーリーヌ」「ラ・ランドンヌ」「ラ・テュルク」を他に並ぶもののない、圧倒的な地位を築きあげ 1995年に歴史的なドメーヌであるシャトーダンピュイを手に入れました。
  ギガルはシャトー・ダンピュイに樽工房を設えるなど新たなる本拠地として重要視 。ギガルの品質は全てここダンピュイから生み出されます。
 エレガントなワインを生み出すコート・ブロンドと 力強いワインを生み出すコート・ブリュンヌにある7つの区画のシラーを使用。

 両テロワールがブレンドされた、素晴らしく調和のとれたスタイルとなっています キッチリ筋肉質でそれでいて美しい、白熱するこの興奮を味わってください。

  • 2001 Côte-Rôtie Château d'Ampuis / E.Guigal コートロティ シャトーダンピュイ / ギガル  
glass set 70cc
¥3,200  税込 ¥3,456

22 Saturday

黄金の丘を知り尽くす、いぶし銀がみせる艶美

モンジャールの姓は17世紀の初め、1620年頃からブルゴーニュで見られ 、代々ブドウ栽培を生業としてきた家系です。

現当主ヴァンサン・モンジャールの父、ヴォーヌ・ロマネ村の村長も務めたジャンの時代にドメーヌは大きく成長し 現在、ブドウ畑の面積は33haまで拡大しています。

ドメーヌとしてはかなり大きく北はマルサネから南はサヴィニー・レ・ボーヌまで35のアペラシオンに散らばっていて、 ネゴシアン並みの大規模といえます。

レ・ブードはヴォーヌ・ロマネの隣と土壌的にもニュイサンジョルジュのなかでも エレガントなスタイル。 厳選された葡萄から生まれる巧みな魅力を是非感じてください。

  • 2006 Nuit Saint Georges 1er Cru Les Boudots  / Mongeard Mugneret ニュイ サン ジョルジュ プルミエ クリュ レ ブード / モンジャール・ミュニュレ
glass set 70cc
¥3,500  税込 ¥3,780

15 Saturday

かつての戦いの地で生まれた安息の美酒

バタイエの意はバトル(戦い)の通り100年戦争がこの地から勃発したことにより名付けられました。

オーバタイエはランシュバージュ南方に近接していて、サンジュリアンに近い場所にあります。
ですので味わいは力強い特徴のポイヤックでありながら果実味豊かで美しさをもちあわせます。

 90年というボルドーのグレートヴィンテージのこのワインは 今まさに綺麗に
熟成を重ねた、柔らかく優雅な雰囲気をもつ女性的なワインへと変貌をとげています。

どうぞ飲み頃を迎えたこの1杯をお楽しみください。

  • 1990 Chateau Haut Batailley シャトー・オーバタイエ
glass set 70cc
¥2,900  税込 ¥3,132

8 Saturday

波乱万丈な造り手の珠玉の雫

ニコラ・ポテルは今も現役ですがメゾン・ニコラポテルで今は働いていないんです。
そのわけはちょっと複雑です。ですから、まずは少し彼について。

 1964年にブルゴーニュへ移住してきたニコラ・ポテルの父ジェラールは、 ヴォルネイ村の有名なプス・ドールで醸造長として活躍します。
 プス・ドールの顔となっていたにも関わらず、 それを機にニコラは 既に96年に父と立ち上げていた「メゾン・ニコラ・ポテル」に専念することにしたのです 。

 ところが、2004年に「メゾン・ニコラ・ポテル」を大手に売却することになってしまいました ニコラはいまは違う名前のメゾンを興していますが名前の所有権がないので使えず今ニコラポテルは別の所有者のものになっています。

 そんな彼が造っていたころの貴重な一本をご用意しました。
ニコラの特徴でもある葡萄のジューシーさが際立ちます。 ヴォーヌ・ロマネを代表する1級畑プティモンにそそぐ彼の愛情を感じてみてください。

  • 01 Vosne Romanee 1er Petities Monts / Nicolas Potel ヴォーヌ・ロマネ 一級畑 プティ・モン / ニコラ・ポテル
glass set 70cc
¥3,300  税込 ¥3,564

1 Saturday

神様の意志を受け継いだ名門

メオ・カミュゼは、ワインの神様と呼ばれているアンリ・ジャイエ氏がコンサルタントを務めていたことでも有名です。
1989年から醸造を担当するジャン=ニコラ・メオ氏はアンリ・ジャイエ氏に直接指導を受けた数少ない
人物のひとりで、その指導の おかげで、風味の深さや果実味のインパクト等、メオ・カミュゼの酒質は
向上しました。
現在も、ジャン=ニコラ・メオ氏が経営を行い、 畑の仕事は、以前から小作人として働いていた
クリスチャン・フロワ氏が行っています。

レ・ショームはヴォーヌ・ロマネより、境を接するニュイ・サン・ジョルジュ的な性格をしています。
立地は恵まれていて、 西はマルコンソールとラ・ターシュ、北にはクロ・ゴワイヨット、東はクロ・デ・レア。
それらのどこよりもニュイ的です。優雅さよりも、豊かさと親しみやすさが強い味わい。
標高が低くて、表土の粘土が厚い、それが早飲みに適しています。

受け継がれたこの陶酔するワインを味わい下さい。

  • '13 Vosne Romanee 1er cru Les Chaumes / Meo Camuzet ヴォーヌ ロマネ 1級畑 レ ショーム / メオ カミュゼ
glass set 70cc
¥4,300  税込 ¥4,644

top   |   older >

Sunday Special
  • 限定数量のため、確実にお飲みになりたい方は、メールまたは、お電話にてお申込ください。
  • 当日、ワインのコンディションよっては同等クラスのものと交換させていただく場合もございます。予めご了承ください。
  • 表示金額はすべて外税表記になっております。
    別途10%のサービス料と消費税を頂戴いたします。
archive sunday special