regular tasting レアものから年代物まで、様々なワインを・・・

レアものから年代ものまで、毎回様々なテーマを絞り込みセレクトしたシノワワイン会のご案内です。 お好きなお時間にご来店していただき、それぞれのテーブルでご自由にお楽しみください。
但しワインは 17:30 に抜栓します。

10 October 2020
17 Saturday

 ~表情美しき雫~

対岸の先に見据える情熱

コース料理無し
定員12名様
6 glass set 55cc
¥88,800 消費税・サービス料別

1999 Chateau Pavie (Saint-Emilion)
1999 シャトー・パヴィ (サン・テミリオン)
1999 Chateau l`Evangile (Pomerol)
1999 シャトー・レヴァンジル (ポムロール)
1997 Chateau Ausone (Saint-Emilion)
1997 シャトー・オーゾンヌ (サン・テミリオン)
1994 Chateau Le Pin (Pomerol)
1994 シャトー・ル・パン (ポムロール)
1986 Chateau Cheval Blanc (Saint-Emilion)
1986 シャトー・シュヴァル・ブラン (サン・テミリオン)
1986 Chateau Petrus (Pomerol)
1986 シャトー・ペトリュス (ポムロール)

幕開けは、サンテミリオンの丘の麓にあるパヴィーとポムロールとサンテミリオンの境界にあるレヴァンジルの飲み比べ。
1999年は、収穫期に激しい雷雨と雹が起きたが、優れた生産者は美しい酸ときめ細やかなタンニンを持つ可憐なワインを造り上げた。
1997年は、雨が多い年になったが、非常に若いヴィンテージのうちから楽しめる重宝できるワインに仕上がり、今まさに花開くワインといえるでしょう。
1.9haしかない代表的なシンデレラワインのル・パンは生産本数が非常に少なく1979をファーストヴィンテージとする歴史が浅いシャトーですが、非常に人気がありめったにお目にかかれないワイン。
1994年は、一般的にはオフヴィンテージですが、右岸の評価は非常によく、早くから楽しめる愛すべきワインになりました。
最後に登場する2大巨頭のワインは、1986年のすばらしく恵まれた天候の中、育ったなんとも贅沢な年の雫。
カベルネ・フランを主軸とする異質なワインと長く熟成されより旨味が増したペトリュス。すべてのワインが贅沢で全く息をつく暇がないラインナップとなっております。
表情豊かな香り高きワインをぜひお楽しみください。

9 September 2020
21 Monday

~ワインの女王~

歴史に残る偉大なヴィンテージ

コース料理無し
定員12名様
6 glass set 60cc
¥48,800 消費税・サービス料別

1985 Chateau Calon Segur (Saint-Estephe)
1985 シャトー・カロン・セギュール (サン・テステフ)
1985 Chateau Montrose (Saint-Estephe)
1985 シャトー・モンローズ (サン・テステフ)
1975 Chateau Latour (Pauillac)
1975 シャトー・ラトゥール (ポイヤック)
1975 Chateau Mouton Rothschild (Pauillac)
1975 シャトー・ムートン・ロートシルト (ポイヤック)
1961 Chateau Leoville Poyfere (Saint-Julien)
1961 シャトー・レオヴィル・ポワフェレ (サン・ジュリアン)
1961 Chateau Beychevelle (Saint-Julien)
1961 シャトー・ベイシュベル (サン・ジュリアン)

・サン・テステフ村より・1985年(フランス全土で素晴らしい偉大なワインに仕上げられました)
侯爵の「我が心はカロンにある。」という言葉からハートマークのエチケットになったというエピソードのカロン・セギュールと「サンテステフのラトゥール」とも呼ばれるシャトー.モンローズ。
・ポイヤック村より・1975年(70年代の中でも良好な出来栄えの年になりました)
ボルドー・メドック地区格付け第1級。名実ともにトップにランクされるボルドーを代表するシャトー
シャトー・ラトゥール、シャトー・ムートン・ロートシルト。
・サン・ジュリアン村より・1961年(第二次世界大戦後で最も秀逸な当たり年と言われています)
有名な「レオヴィル3兄弟」同じ畑だったレオヴィルが3分割されたの一つ、シャトー・レオヴィル・ポワフェレとメドック格付け第四級ながら、格付けニ級に匹敵すると評され、かつ「メドックのヴェルサイユ」と呼ばれるほど美しいシャトーを、所有するシャトー・ベイシュベル。滑らかな飲み口と奥深く複雑な香り、飲み頃を迎えたボルドーワインを楽しんでください。

9 September 2020
20 Sunday

~エシェゾーからヴォーヌロマネの散歩道~

神が微笑む地の結晶

コース料理無し
定員13名様
6 glass set 55cc
¥78,800 消費税・サービス料別

2001 Richebourg (A.Gros)
2001 リシュブール(アンヌ・グロ)
1999 Vosne Romanee Aux Malconsorts (S.Cathiard)
1999 ヴォーヌ・ロマネ・オー・マルコンソール(シルヴァン・カティアール)
1989 Vosne Romanee Clos des Reas (J.Gros)
1989 ヴォーヌ・ロマネ・クロ・デ・レア(ジャン・グロ)
1981 Grands Echezeaux (M.Mugneret)
1981 グラン・エシェゾー(モンジャール・ミニュレ)
1981 La Grande Rue (F.Lamarche)
1981 ラ・グランド・リュ(フランソワ・ラマルシュ)
1973 Romanee Saint Vivant (D.R.C)
1973 ロマネ・サン・ヴィヴァン(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ)

畑自体の良さはもちろんですが、ヴィンテージにも拘りました。
2001、1999は、まだ若々しさを残した果実味たっぷりの味わいでポテンシャルももちろん感じていただきます。
1989は、非常に良いヴィンテージですので今飲んで頂いて最大限に楽しんでいただける魅力に溢れたワインです。
1981は、一般的にはオフヴィンテージとされますが、美しく熟成され口いっぱいに旨味が広がる味わい。
長期熟成され飲み頃にやっと差し掛かるであろう贅沢な1本となる1973 ロマネ・サン・ヴィヴァン DRC
こちらを飲みたくて参加される方も多いのではないでしょうか。
畑の魅力、熟成から来る変化を存分に楽しんでいただけるラインナップとなっております。

top   |   older >

regular tasting
  • お1人様より承っております。
  • キャンセルは、開催日の3日前までにお願いいたします。
  • 当日、ワインのコンディションよっては同等クラスのものと交換させていただく場合もございます。予めご了承ください。
  • ワインは 17:30 に抜栓します。
  • 表示金額はすべて外税表記になっております。
    別途10%のサービス料と消費税を頂戴いたします。
archive sunday special