regular tasting レアものから年代物まで、様々なワインを・・・

レアものから年代ものまで、毎回様々なテーマを絞り込みセレクトしたシノワワイン会のご案内です。 お好きなお時間にご来店していただき、それぞれのテーブルでご自由にお楽しみください。
但しワインは 17:30 に抜栓します。

5 May 2016
5 Thursday

驚嘆するアロマと風味 揺さぶられる感動

ブルゴーニュの中心 ヴォーヌロマネ

料理別
定員10名様
6 glass set 70cc
¥49,800 消費税・サービス料別

1997 Vosne Romanee Brulees (Meo Camuzet)
1997 ヴォーヌ・ロマネ・ブリュレ (メオ・カミュゼ)
1985 Vosne Romanee Suchots (Gerard Mugneret)
1985 ヴォーヌ・ロマネ・スショ (ジェラール・ミュニュレ)
1973 Vosne Romanee Clos Goillote (Leroy)
1973 ヴォーヌ・ロマネ・クロ・ゴワイヨット (ルロワ)
2003 Romanee St.Vivant (D.R.C)
2003 ロマネ・サン・ヴィヴァン (ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ)
1965 Romanee St,Vivant Marey Monge (D.R.C)
1965 ロマネ・サン・ヴァヴァン マレ・モンジュ・ラベル (ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ)
1940 Romanee St.Vivant 4 Journaux (Louis Latour)
1940 ロマネ・サン・ヴィヴァン・キャトルジュノー(ルイ・ラトゥール)

綺羅星のような畑に偉大な生産者がそろうブルゴーニュの中心ヴォーヌ・ロマネ村、1級格付け、村名クラスでも優良生産者の手にかかれば他の村のグランクリュクラスに肩を並べる品質が生み出されます。

メオ・カミュゼはアンリ・ジャイエ氏から引き継いだブリュレの畑、ミュニュレは超当り年85年でサン・ヴィヴァンの隣の優良畑スショ、ルロワからはラ・ターシュの隣知る人ぞ知るレア畑クロ・ゴワイヨット、それぞれ格付け以上の出来栄えで生産者の手腕が楽しめます。

そして並外れたアロマのかぐわしさときめ細やかで繊細な舌触りのロマネ・サン・ヴィヴァンを3種類ご用意しました。最高の当り年2003年のD.R.Cと熟成した65年、40年でロマネ・サン・ヴィヴァンの本質に触れてください。

泣く子も黙るD.R.Cは流石の出来栄え全てがそろったパーフェクトイヤー2003年です。そのD.R.Cが畑を借りていたマレ・モンジュの1965年で熟成感を楽しんでいただき、ルイ・ラトゥールが1898年から所有する区画キャトルジュノーの1940年で現在とは違うブドウ本来の力で品質の決まる古き良きワイン造りの時代に思いを馳せてください。

5 May 2016
4 Wednesday

絶対王者フランスを脅かす存在

現代版パリスの審判 仏VS亜、伊、西

料理別
定員10名様
6 glass set 70cc
¥39,800 消費税・サービス料別

2002 Harlan Red Wine (Harlan Estate)
2002 ハーラン・レッド・ワイン (ハーラン・エステート)
2002 Ch.Mouton Rothschild (Pauillac)
2002 シャトー・ムートン・ロートシルト (ポイヤック)
1999 Tenuta di Trinoro (Tenuta di Trinoro)
1999 テヌータ・ディ・トリノーロ (テヌータ・ディ・トリノーロ)
1999 Ch.Ausone
1999 シャトー・オーゾンヌ (サン・テミリオン)
1989 Unico (Vega Sicilia)
1989 ウニコ (ベガ・シシリア)
1989 Ch.Cheval Blanc (Saint Emilion)
1989 シャトー・シュヴァル・ブラン (サン・テミリオン)

ワイン界で絶対的な人気と品質で頂点に君臨し続けるフランスワイン、しかし世界は広くその存在を脅かすワインが生まれています。フランス本家とそれを目指す他国のワイン達を比較することでそれぞれの個性をお楽しみ下さい。

まずはアメリカのパーフェクトワイン2002年ハーラン・エステート、この年はロバート・パーカー氏が100点満点を献上した年です。天井知らずのプライスになっても大人気で幻とさえ言われ飲める機会は二度とないかも知れません。対するは第1級格付けムートン・ロートシルト、強力な挑戦者ですが迎え撃つだけのポテンシャルは持っています。

イタリアからはトリノーロ、この99年は空前絶後のトスカーナと言われ衝撃的なほどの凝縮感を持っています。各ワイン誌で高得点を与えられ幻といわれている1本です。サルテアーノという土地を一躍有名にしたトリノーロまさにシンデレラワインです。対するはオーゾンヌ、ヴォーティエ氏がオーナーになり高品質、少量生産ゆえにレアワインとなりこちらも復活を遂げたシンデレラワインです。

優良年89年からスペインの至宝といわれるウニコとフランスの至宝シュヴァル・ブランの比較です。スペインの頂点に立つウニコとサン・テミリオンの頂点のシュヴァル・ブランの対決の行方はぜひご自信で体験してください!

5 May 2016
3 Tuesday

ヴィンテージで知るラトゥールの風格

ラトゥールの軌跡

料理別
定員10名様
6 glass set 70cc
¥40,800 消費税・サービス料別

2006 Pauillac de Latour (Pauillac)
2006 ポイヤック・ド・ラトゥール (ポイヤック)
1995 Les Forts de Latour (Pauillac)
1995 レフォール・ド・ラトゥール (ポイヤック)
1999 Ch.Latour (Pauillac)
1999 シャトー・ラトゥール (ポイヤック)
1988 Ch.Latour
1988 シャトー・ラトゥール (ポイヤック)
1976 Ch.Latour (Pauillac)
1976 シャトー・ラトゥール (ポイヤック)
1934 Ch.Latour (Pauillac)
1934 シャトー・ラトゥール (ポイヤック)

ボルドーワインの中で最も歴史に名高い個性を体現し続けているシャトー・ラトゥール、所有者の変更や醸造所の最新化、畑の改良などありながらもラトゥールの唯一無二のスタイルは変わることがありません。

ヴィンテージにより男性的なときもあれば洗練され優雅さを感じる年もありますがラトゥールは常に最高のボルドーであり続けています。そんなラトゥールの個性を4つのヴィンテージとセカンド、サードまでフルラインナップでお楽しみ下さい。

99年は比較的モダンテイストでモカフレーヴァーの樽香が特徴的、88年はクラシックスタイルで豊富で滑らかなタンニンが楽しめます、76年は強めのアルコール感から旨味と甘みが特徴的です。そして熟成の極み優良年となった34年!熟成して極上の風味を身にまとったラトゥールの真の姿が楽しめます。

< newer   |   top

regular tasting
  • お1人様より承っております。
  • キャンセルは、開催日の3日前までにお願いいたします。
  • 当日、ワインのコンディションよっては同等クラスのものと交換させていただく場合もございます。予めご了承ください。
  • ワインは 17:30 に抜栓します。
  • 表示金額はすべて外税表記になっております。
    別途10%のサービス料と消費税を頂戴いたします。
archive sunday special