Sunday Special 日曜日は、ちょっと贅沢なワインを・・・

ふらっと来て頂ければ、こんなワインが昼から空いています。サンデースペシャルワインは、ちょっと贅沢なワインをすこしづつ…。そんな時間をシノワ渋谷で過ごしてみませんか?
普段なかなか飲み比べる機会の少ないワインをお楽しみください。

7 July 2017

30 Sunday

~人気生産者フィリップ・パカレをバリエーション豊かにたのしむ~

2015年最新グレート・ヴィンテージ!

フィリップ・パカレはブルゴーニュワインにおいて
自然派のカリスマ的存在で叔父はボジョレーでも一目
置かれる存在のマルセル・ラピエールで自然派
ブルゴーニュワインのサラブレッドと言えます。
その実力は、折り紙つきで、ロマネ・コンティで
知られるDRCの醸造長のオファーを受けたほどの
優れたヴィニロンです。
その、野心は衰えることを知らず、北はシャブリから
南はプロヴァンスまで広い範囲でワイン造り
に没頭し続けています。今回はそれぞれ個性の
光る赤3種類の飲み比べをお楽しみください!

  • 2015 Ruchottes Chambertin (P.Pacalet) リュショット・シャンベルタン(P.パカレ)
  • 2015 Cornas (P.Pacalet) コルナス(P.パカレ)
  • 2015 Chenas (P.Pacalet) シエナ(P.パカレ)
3glass set 60cc
¥6,500  税込 ¥7,020

23 Sunday

~麗しのアムルーズ~

シャンボール・ミュジニーの華

  • 2007 Chambolle Musigny Les Amoureuses (A.Servelle) シャンボール・ミュジニー・レ・ザルムーズ(A.セルヴェル)
1glass 60cc
¥4,500  税込 ¥4,860

17 Monday Holiday Special

~夏だ!海だ!シャンパーニュだ!~

徹底検証…マグナム・シャンパーニュは本当に美味しいのか?

ワインはボトルの容量によっての味が微妙に違ってくると言われています。
一般的に、ボトルの容量が大きくなるにつれて、熟成が緩慢で、品質がより良い状態に保たれます。
つまり、ボトルが大きい方が瓶内の酸素の量に対する液体の量が多いため、じっくり熟成し、より美味しく味わえるということです。
それとは逆に、ハーフボトルの場合、通常のボトルよりも熟成は早く、味を保つのがより難しいと、言われています。
…が実際のところはどうなのでしょうか??
歴史あるシャンパーニュメゾン『リュイナール』で検証してみましょう!

リュイナールは、1729年にベネディクト派修道僧であるドン ティエリー リュイナールが創設した老舗メゾン。(世界初のシャンパーニュメゾンとも言われています。)
繊細なコート・デ・ブラン、パワフルなモンターニュ・ド・ランスのグラン・クリュのシャルドネを使用し、伝統的なシャンパーニュの製法で造られます。
地下のクレイエルで一定の温度を保ちながら、最低3年間、フラッグシップのドン リュイナールになると8年間もの瓶内でゆっくりと熟成させてから出荷されます。

何はともあれ、暑い日に美味しいシャンパーニュはいかがですか?という事です(๑´ڡ`๑)

  • N.V.Ruinart Blanc de Blancs Brut リュイナール・ブラン・ド・ブラン・ブリュット
  • N.V.Ruinart Blanc de Blancs Brut demi リュイナール・ブラン・ド・ブラン・ブリュット・デゥミ
  • N.V.Ruinart Blanc de Blancs Brut Magnum リュイナール・ブラン・ド・ブラン・ブリュット・マグナム
3glass set 90cc ※ドゥミボトルは30cc
¥4,500  税込 ¥4,860

16 Sunday

~ヴォギュエのフランソワ・ミエ氏とのスペシャル・キュベ如何に?~

セントラル・オタゴの最注目株!

今、ニュージーランドで一躍注目を集めているのがプロフェッツ・ロックというワイナリーです。
なぜなら、あのブルゴーニュのコント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエの醸造責任者、フランソワ・ミエ氏がコンサルタントした「キュヴェ・オー・アンティポード2015」がリリースされたからです。
プロフェッツ・ロックとド・ヴォギュエの出会いは、2005年に遡ります。
セントラル・オタゴで開かれた「ピノ・ノワール・セレブレーション」で、ヴォギュエのマーケティング担当ジャン・リュック・ペパンが、プロフェッツ・ロックを気に入り、醸造責任者ポール・プジョルに声をかけ、ポールは2009年に収穫の研修にド・ヴォギュエに出向くなどして、関係を深めました。
そこから、フランソワ・ミエ氏のコンサルの話しが持ち上がりました。
フランソワはコンサルするにあたって、7区画に分かれる畑のワインの分析データと土壌のデータをすべて分析して、アンティポードに仕込む区画を決めました。
フランソワはブルゴーニュと全く同じやり方ですることにこだわり、オリ引きのためのポンプまで輸出したそうです。
果実味主体のピノが多いセントラル・オタゴにおいて、独特なスタイルを確立しており、じっくりと対話をしないと本質が見えないシャイな個性は、フランンソワの造るシャンボル・ミュジニーを連想させます。
地球の北緯と南緯、正反対に位置する2人のワインメーカーが力を合わせた初めてのワインをお楽しみ下さい♪

  • 2015 Prophet's Rock Cuvee Aux Antipodes プロフェッツ・ロック・キュベ・オー・アンティポート
  • 2013 Prophet's Rock Pinot Noir プロフェッツ・ロック・ピノ・ノワール
  • 2012 Prophet's Rock Riesling プロフェッツ・ロック・リースリング
  • 2012 Prophet's Rock Pinot Gris プロフェッツ・ロック・ピン・グリ
4glass set 60cc
¥3,900  税込 ¥4,212

9 Sunday

~南イタリアのFantastic Wines~

もはやサッシカイアを超えた?

今、1番美味しいイタリアワインとは、この2つではないでしょうか?
『イタリア赤ワインTOP100』という企画において、何度も1位に輝いたクルニとエス。
今回はその2つが豪華共演を果たします!

まずは、イタリアを代表する究極のモンテプルチアーノ"クルニ"を。
ずば抜けた高密植によって凝縮したブドウを収穫し、その圧倒的なエネルギーを昇華させるために新樽比率260%でバランスをとるという、究極のモンテプルチアーノがこの「クルニ」です。ガンベロ・ロッソやヴェロネッリなど、イタリアの主要評価5誌で高い評価を獲得し、今やイタリアを代表するワインとしてその地位を確固たるものにしています!
濃密かつ妖艶で、凝縮感のある黒色果実、そしてミネラルのニュアンスも感じられます。ビロードのように滑らかかつ、濃厚な絶妙なバランス感が非常に印象的なワインです。

お次は、2004年からワイン造りを始めた歴史の浅い造り手にも関わらず、既に2010年度のガンベロ・ロッソで最優秀栽培家の称号を獲得しているジャンフランコ・フィノの"エス"を。
2011年に、イタリアにおける主要ワインガイド6誌すべてにおいて「最高評価を獲得した唯一のワイン」となり、一躍注目を集め大きな話題となりました。
プリミティーヴォの良さを最大限に生かし、土着品種のパワーが高い次元で洗練されたものへと昇華されているのに驚きすら覚えます。
熟しきったプラム系の果実味は非常に甘く、まさにニーチェやフロイトが用いた「エス」という概念の具現化という認識も、もしかするとそう大げさではないのかもしれません。

進化を続け、無限の可能性を秘めたイタリアワインをお楽しみ下さい。

  • 2014 Kurni クルニ
  • 2014 Primitivo Di Manduria プリミティーヴォ・ディ・マンドゥーリア”エス”
2glass set 60cc
¥2,800  税込 ¥3,024

2 Sunday

~シャンボールのトップを比較~

ヴォギュエとルーミエ!

ヴォギュエとルーミエ。
言わずと知れた、シャンボール・ミュジニーのトップ生産者です。
今回は最新ヴィンテージ2014年の村名の飲み比べです‼

まずはミュジニーの7割を所有する歴史的盟主"コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ"を。
ドメーヌの歴史は1450年まで遡ります。
現在、ドメーヌを所有するのは先代の、ヴォギュエ伯爵の孫娘たちだが、彼女らはシャンボール・ミュジニーに住んでおらず、栽培責任者のエリック・ブルゴーニュ、醸造責任者のフランソワ・ミエ、販売担当者のジャン・リュック・ペパンという、俗にいうヴォギュエの三銃士によってドメーヌは運営されています。
先代のヴォギュエ伯爵はドメーヌがプルミエ・クリュより下のワインを造ることを許さず、村名シャンボール・ミュジニーが加わったのは伯爵の没後。
しかもこの村名にはおよそ10%、1級畑のブドウが含まれます。
赤い果実の風味に凛としたミネラルが、一直線に舌から脳へと突き抜けるような様は圧巻です。
この村名シャンボールもテロワールが忠実に表現されているところは、流石の一言につきます。

お次は類稀なる誠実なワイン造りと、その希少性から"シャンボール・ミュジニーの宝石"とまで呼ばれる、ジョルジュ・ルーミエを。
ドメーヌ・ジョルジュ・ルーミエは、1924年、現当主クリストフ氏の祖父にあたる故ジョルジュ・ルーミエ氏が設立しました。 
その後1982年に、現当主クリストフが継ぎ、父ジャン=マリー氏とともに大規模なドメーヌの改革に着手しました。
そして、祖父が引退してから低迷していたドメーヌを、瞬く間に現在の最高レベルへと引き上げたのです。
ルーミエのワインは村名でさえ、極めてエレガントでシルキー。
こちらも、ヴォギュエと同じように1級畑のブドウを使用し、他の生産者の村名とは比べ物にならない素晴らしいワインを造り上げています。

はてさて、2014年の出来栄えはいかに?
豪華な共演をお楽しみ下さい♪

  • 2014 Chambolle Musigny (Georges Roumier) シャンボール・ミュジニー (ジョルジュ・ルーミエ)
  • 2014 Chambolle Musigny (C.G.de Vogue) シャンボール・ミュジニー (C.G.ド・ヴォギュエ)
glass set 60cc
¥6,000  税込 ¥6,480

< newer   |   top   |   older >

Sunday Special
  • 限定数量のため、確実にお飲みになりたい方は、メールまたは、お電話にてお申込ください。
  • 当日、ワインのコンディションよっては同等クラスのものと交換させていただく場合もございます。予めご了承ください。
  • 表示金額はすべて外税表記になっております。
    別途10%のサービス料と消費税を頂戴いたします。
archive sunday special